2019年03月03日

景教資料

P1001395 - コピー

201411月3日、春日井市柏井町7‐2‐6の本部に建った景教碑模刻碑の上部の拓本



これは高野山の景教碑の正面の文字です。

kh01






これは高野山の景教碑の側面の文字です。
kh02



これは高野山の左が景教碑、右が碑の寄贈者のゴードン女史の墓碑です。
kh03



これは高野山のゴードン女史、寄贈の景教碑の上部の拡大写真です。
kh04





続きを読む

2014年11月19日

国際景教研究大会・日本講演

2019年 第8回 

国際景教研究学術福岡大会

 テーマ「シルクロードと東回りの基督教



唐代景教と元代エリカオン教、九州キリシタン遺跡から学びます。

日   時  3月19日(火)午後1時に受付、3時から歓迎会、
              夜は
7時から研究発表~21日(木)午前、研究発表。午後からキリシタン遺跡巡り
              22日()一日、23日(土)午後5時頃終了、キリシタン遺跡巡り    
   

 会   場  福岡県筑紫野市二日市北3-1-7 福岡国際教会、福岡国際センター
          ☎080-5606-9001(<ファン>宣教師)
                 最寄りの駅、西鉄二日市駅。JR鹿児島本線二日市駅。詳細地図を参照。

    日本景教研究会 (会長・川口一彦宣教牧師)

              ◎大会会長/川口一彦(愛知県春日井市、愛知福音キリスト教会宣教牧師) 
              ◎大会実行委員長/黄錫千宣教師(福岡県筑紫野市、福岡国際センター教会、会員)

携帯番号080-5606-9001(<ファン>宣教師)

21日()午後~23日()の二泊三日は、キリシタン遺跡巡り(有志)
    ◎会期中に席上献金あり。
    食事を申込まれる方は、20日の朝から21日の昼まで記入してください。


24日の日曜午前は会場の福岡国際センター教会で礼拝に参加できます。

大会の注意事項 会場までは公共交通機関をご利用下さい。会期中は禁煙です。

参加費、食費、宿泊に関して(初日の昼食は各自で済ませて講演にご参加下さい。)
一講演参加費は2500円(会員2000円)。午前か午後の参加費4500円(会員3500円)。一日参加費8500円(会員8000円)。全参加費12000円(会員10000円)。
食費は初日の夜から、各食600円。会場での宿泊はホテルと違い男性は大部屋共同寝室で一泊2000円。女性は別に対応します。宿泊希望の方は直接、ファン宣教師までご連絡ください。なお個室はありませんので個室希望の方は各自で近隣のホテルをご予約してください。

21日(木)午後~23日(土)の二泊三日のキリシタン遺跡巡りツアー代は当日徴収
 キリシタン遺跡巡りの費用は二泊三日食事つきで15000円(一泊二日なら10000円)。

行き先は長崎と大分方面。今まで見たことのない遺跡見学にも行く予定ですが、行き先は当日の都合で変更する場合もありますので、ご了承ください。また車の手配がありますので、締め切り日まで申込ください。行き先は、長崎方面大村市 首塚胴塚26聖人殉教記念館外海町(隠れキリシタン町)屋敷跡平戸生月島  天草島原城原城雲仙②大分方面 由布院(隠れキリシタン集団墓石)大分殉教公園竹田 洞窟教会堂など

主催者 日本景教研究会(会長・川口一彦牧師)

486-0927愛知県春日井市柏井町7-6 ℡&ファクス0568-29-8539、携帯090-3955-7955  

E-Mail kei1951-6@xc4.so-net.ne.jp

参加申し込み郵送先 〒617-0003京都府向日市森本町下森本6-5 湯澤英房牧師

Fax番号075-931-5934(☎075-921-6484)

申込用紙に記入されファクスか郵送かメールなどで申込して下さい。当日の飛び入り参加も可能です。

湯沢牧師のメールアドレス terufusa@nike.eonet.ne.jp




景教とは                               川口一彦記

A、景教とは

 景教(景の意味が大きな光から、世界の光なるイエスのこと)とはイエスの教えのことで、メシアの救いの福音を全世界に伝えるために、特に一世紀以降、ユダヤからシリア、ペルシア、中央アジア、唐の時代の中国へと東方に向けて宣教し活躍した群れを言う。

紀元635年、唐の都長安に景教の初代宣教師や多くの指導者たちが入り、イエス・メシアの福音と教えを中国語に翻訳して皇帝に伝えた結果、中国全土に会堂(大秦寺と呼ばれた)が建設された。公的に入る以前から景教徒商人たちが往来していたことは明らかである。

彼らは自分たちがペルシアから来唐したことで東方景衆景教と名のった。この名称は781年に長安大秦寺の景教会堂に建った大秦景教流行中国碑(以下、景教碑)に刻まれている。

B、景教の源流

景教は現在のイラクやイランの西アジアから始まった。BC2000年頃、西アジアのカルデア(イラクの別称)で生まれ育った信仰の人アブラハムが全能の神の声を聞いて従ったことに始まる。この地ではアブラハムがサラの死後に結婚した時に生れた子孫たちが暮らすところでもあり、古くから関係があった。

 また紀元前の旧約聖書の時代、ペルシア帝国が支配していた地域に多くのユダヤ人が住んでおり、インド南部のコチンにはソロモンの時代からの会堂があり、全世界にユダヤ人は離散していた。離散の民たちはメシアが生れるまで、エルサレムへの巡礼をしていた。

ギリシア帝国や紀元後のローマ帝国時代には聖地巡礼が盛んとなり、メシアであるイエスがユダヤで生れた時、東方から星に先導されてメシアを礼拝しに来た博士たちはそのような背景のもとにあったと言えよう。なぜなら星に先導された博士たちは、メシアが降誕したとはっきり認識して黄金、乳香、没薬を用意したこと、博士たちはマリアたちから聞いたイエスこそ待望のメシアであることを地元で宣伝したことから、ますますイエスを訪ねる者が増えていったと考えられる。それゆえにイスラエルから東方の方角のペルシアやアラビアを含めた地域にメシアニックが増えていった。聖霊降臨の時には、大半が東方地域からの巡礼者で、マルコ福音書の最終章には福音が「東の果てから西の果てまで」(新改訳聖書)送り届けたとあるのも理解できる。つまりメシアの昇天後には東方地域にくまなく福音が伝えられ、シルクロードを利用してさらに東方に拡大していった。



紀元後の東方地域

35頃~ トマスや他の弟子たちが東方に宣教開始  

100頃 エデッサに教会建設

200頃 エデッサに神学校建設  

320頃 ニシビスに神学校建設

新刊景教



2015117日に春日井市文化財友の会主催の会員による講演の依頼を受け、多くのご来場者のもと石碑の題額文字の謎について発表しました。
 

CIMG6410 - コピー拓本 - コピー - コピーCIMG6404 - コピー




CIMG6359景教碑と話をする川口牧師

11月3日、日本景教研究会本部に西安の景教碑とそっくりの模刻碑が建ちました。

2014年10月15日(水)~17日(金)の第五回国際景教学術大会東京大会は、これまで以上の大変有意義な講演でした。テーマは「東方景教の発見」、講師は韓国の牧師や博士、教会新聞社社長、神学校教授の4名、台湾から大学教授2名、日本から5名の景教研究者たちがあらゆる分野で研究発表しました。

2013,11,5-8韓国ソウルで第四回国際景教学術大会が開催されました。
日本、中国、韓国から発題講演をしました。

2013,6国際景教研究セミナーin善通寺 6月7日~8日、四国学院大学内での開催は有意義に終了しました。大変有意義なシンポと講義のDVD、講演集が各2000円で発売しています。どうぞお求め下さい。
テーマ「空海と聖書」。その他、景教に関連する事柄を取り上げる。
韓国半島と日本と景教
いろは歌の作者を考える
天草キリシタンとサントメ経について
景教碑盗難事件の経緯
以上、真言宗住職、日本の景教研究者らがテーブルに着いて発表する。

国際景教研究学術大会・韓国講演
終了致しました。

2012年5月21日(月)~24日(木)
講演内容
①アジア教会のアイデンティティー  
②新約聖書の原語と景教  
③韓国基督教と景教の関係について  
④徐福の日本到来について  
⑤中国の政治、宗教、文学、芸術、歴史  
⑥景教の三位一体神について  
⑦古代日本に景教が来たのか  
⑧景教碑はだれが建てたのか  
⑨秦氏と景教の関係  
⑩京都における秦氏の存在  
⑪アジア基督教と韓国の遺跡

韓国から5名の講師、日本から5名の講師、アメリカから1名の講師が立てられ、多くの参加者による盛大な大会で、三一の神が祝福され感謝でした。韓国の主催者による膨大な貴重な講演集が作成され配布されました。


2010年10月12日(火)~13日(水)国際景教研究大会・日本講演は、関心のある方々が多く集い、大変祝福され、
神の恵みに満ち溢れた講演会と遺跡巡りでありました。

講演内容:
①真言密教と景教 
②使徒トマスの東方宣教 
③中国と韓国の景教 
④渡来人秦氏の宗教・文化 
⑤景教の隣人愛 
⑥景教と聖書翻訳 
⑦中東地域の景教 
⑧景教遺跡の説明 
、東周りでイエスの教えが伝えられていたことを知って大変驚いておられました。感謝でありました。



 



2013年11月28日

日本景教研究会本部へのアクセス

本部
 〒486-0927春日井市柏井町7-2-6)
JR中央線「勝川駅」南口に出られ、東に徒歩約15分
本部の連絡先☎090-3955-7955

aitif